サターンノイドの博物誌

サターンノイドの博物誌

宇宙と空と、たまに旅

H-ⅡA 32号機の夜光雲

たまたま夕空を眺めてみたら、変わった雲を発見した。

最初は彩雲(虹色の雲)かとも思ったのだが、どう見ても自分が見たことのある彩雲とは違うし、見た目が写真で見たことのある夜光雲に似ていた。「もしかしてロケットの航跡?」と思いつつ、急いでタイムラプス撮影を開始。

 

 

結果は大当たり!

あとでネットやSNSで、H-2A 32号機の夜光雲と確認。初めて見た!

 

 

ものすごく大きいし、神秘的な光景。薄暗い空をベールのように漂っていた。

 


H2A 32号機 夜光雲

 

どこかのテレビ局が「夜光雲ではなく彩雲」と報道したらしいが、空が暗くなっても明るいあたり、明らかに高高度現象で間違いなさそうなので夜光雲だろう。彩雲ではない。

 

一度極地に行ったらお目にかかりたいと思っていたが、まさか自宅で拝めるとは(笑)。

広告を非表示にする