サターンノイドの博物誌

サターンノイドの博物誌

宇宙と空と、たまに旅

衝の土星に悪戦苦闘

一昨日は土星が衝だった。

 

【衝】とは、惑星などがだいたい 太陽ー地球ー惑星 の順で並び、地球から惑星の昼側しか見えないために明るく見える時のことを言う。簡単に言うと、衝のときは見頃というわけだ。

 

私は先週から慢性的睡眠不足に悩まされ、周囲が霞んで見えるほどだったが、年に一度の衝、こんな時に見ないでいられるワケがない。

故障を直した赤道儀のテストも兼ねて、望遠鏡を家ノ前ウチノマエ宇宙空間観測所にセット。

 

低空だったし、風もあって「大丈夫かな〜」と思ったものの、強行した。

結果はご覧の通り。

くっ、暗い……。

 

家ノ前ウチノマエ宇宙空間観測所は南側にあるから、北極星が見えない。これは星屋にとっては重大な問題で北極星を導入しないと、赤道儀で星を正確に追尾するのが難しい。

 

惑星写真はかなり拡大して撮影するから、いくら北極星の位置を悟ることができても、ちょっとずれていればあっという間に視界からさようなら。

 

となると、どうしてもシャッタースピードを速く、感度を上げて明るく撮るしかない。で、撮れたのがこういう暗い画像。

 

ならば、50枚撮った土星を、コンポジットすれば良いではないか!

ダメだった。暗すぎて自動検出に失敗した。

 

仕方がないからテキトーに撮った写真から選んで、画像処理&トリミング。

今回はこれが限界。ガリレオ土星を見て「耳がある」と記したのも納得の、あんましよろしくない一枚。

 

この写真のどこかに、9月に土星に落ちて燃え尽きるNASAの探査機カッシーニがいるのか。カッシーニ、最後まで頑張れ。


NASA at Saturn: Cassini's Grand Finale

 

 追記:▼つづき。

cosmoarcadia.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする