サターンノイドの博物誌

サターンノイドの博物誌

宇宙と空と、たまに旅

ダークサイドの力を思い知るがよい

昨晩は光害研究仲間と「闇歩きツアー」なるものに行ってきた。

あえて街灯のない暗闇を歩くことで、いかに普段無駄な明かりを使っているかを体感したり、昔の人々と同じ環境に身を置いて、闇の中での人間本来の能力を知ろうというものだ。

半分はホタル目当てだったりするのだが。

 

お分かりいただけるだろうか、奥で飛んでいる。

 

こういう明るいゲンジボタルと、微かに光るヘイケボタルがいる。

写真写りはゲンジボタルが圧倒的なのだが、肉眼ではヘイケボタルのほうが美しく感じる気がする。是非とも、肉眼でヘイケボタルがいる光景をご覧いただきたい。

 

ホタルは驚くべきことに警戒心ゼロだ。手の上を普通に歩く。

 

今回はツアー参加が目的でまともな写真は撮れなかった。いつかしっかり撮りに行こう。

 

闇を怖がる方が多いが、実は神秘的でとても心地よいもの。心が落ち着く。

 

さて、帰りになかなか面白いものを発見した。

写真の左が関東平野上空、右が関東山地上空。空の明るさが違うのが分かるだろうか?

これ、雲の厚さによるものではなく、左側は東京の街の光が雲に反射している。

東京の明かりが圧倒的に明るすぎる証拠。右のダークサイドが本来?の夜空の明るさだ。

東京の人は自然からかけ離れた世界で暮らしているが、あまりにも離れすぎて無自覚な方が多いような気がする。これは本当に良くない。

 

今こそ、ダークサイドの力を思い知るがよい!

(『STAR WARS』にこんなセリフがあったような、なかったような……)

広告を非表示にする