サターンノイドの博物誌

サターンノイドの博物誌

宇宙と空と、たまに旅

Windowsの壁紙を地球のライブ画像にする方法

日本の新鋭気象衛星ひまわり8号・9号」。

打ち上げられてしばらくして送られてきた地球の画像は、目を見張るものだった。あまりにも細かく、美しい。

 

▼このサイトで「ひまわり8号」の画像が公開されている

Himawari-8 Real-time Web - NICT

 

で、見ていてふと思ったのである。これをPCの壁紙にできないか?

少し宇宙船っぽいし良いではないか。スタートレック気分も味わえる。

 

その方法を探してみたら案外すぐに見つかった。こんな感じだ。

※時計やCPUモニターなどは「rainmeter」という別のソフトウェアによるものです。

 

では、その方法。

 

① Windowsストアで「live earth」と検索。

 

② 左下の「Live Earth: Pacific」を選択。

 

③ これをインストールする。

※私の環境では今回のインストールが二度目なので、私とは異なる表示かもしれない。「購入」と書いてあっても、無料なので大丈夫。「購入」をクリックする。

 

④ インストールが終わるまで待って、「起動」ボタンを押す。

※左にダイアログが表示されると思うが、「Continue」で大丈夫だ。

 

⑤ 今の地球の画像が表示される。

下の「Enable Live Wallpaper」を押せば、日本が中心線上にある最新の地球の画像が、自動で壁紙に表示されるようになる。×を押して終了。

 

 

この壁紙、昼夜や台風の様子、日食の影なんかが見られておもしろい。季節によって夜の部分の形が変化するのも良い。

 

このソフトウェアのシリーズは、太陽や他の地域を中心にした地球のリアルタイム画像もある。太陽はなかなか圧巻の壁紙だった(『COSMOS』っぽい!)。試してみてはいかが?

広告を非表示にする